ぱんださん 2008.02.6 Wed
「ぱんださん」の発行してる『パンダ便り』が好きです。
手書きの文字とイラストで、モノクロコピーのシンプルなフリーペーパー。
ただいまNo.3が配布中。
「ぱんださん」は、韮崎市穂坂町にあるちいさな雑貨shop『coucou!(クークー)』をやってる女性です。なぜ「ぱんだ」かって言うと…もちろんパンダが好きだから☆パンダに似てるからではないのです(^^;)どれくらい好きかと言うと、ご自分の雑貨shopで年1回【パンダ展】を開いてしまうほど!(7月、パンダの好きな笹が使われる七夕の時期にやってますよ〜)普段は、かわいらしいアンティークのカゴや食器が並ぶ雑貨やさん。それが・・・パンダ展の時はあっちにもこっちにもパンダ・パンダ・パンダになります!

私はパンダ展に行ってパンダが
好きになりました♪
ぱんださんが集めたパンダ雑貨の他、
子供達の描いたパンダの絵や手作りの
パンダグッズも並びます。

もちろんかわいい雑貨も目的でお店に遊びに行くのですが、ぱんださんと話すのが面白くて…
そんなぱんださんのお話を聞いているような気分になれるのが「パンダ便り」です。
No.3では、coucou!を訪れるいろんなお客様の話や愛犬ボギーくんのこと、大好きなハワイのことなど、今回も盛りだくさんでした*私は「マイじぞう」という話に共感!絵本作家の荒井良二さんがテレビでおっしゃっていたそうです。家の中の物に目や鼻や口をつけるだけで、存在感があるものに変わり、自分の言葉を分かってくれる「マイお地蔵さん」になる。イライラしてるときなどその「マイじぞう」が「まぁまぁ落ち着いて」とか言ってくれるらしい。人に話すとついつい答えを求めてしまったりするけれど、マイじぞうの存在は、目があっただけでなんだか心を和ませてくれる、見ていてくれている、そんな存在なのかな。うーん説明ベタでごめんなさい。詳しくはパンダ便りをゲットしてください( 笑)ぱんださんのようにトークも文章も自然な感じで、楽しくできる人に憧れます。

ちなみに私は気づけば、動物に良く話し掛けています(--;)私にとってのマイじぞうはペットたちか…

ぱんださんは早速冷蔵庫の中の玉子やテレビのリモコンに描いてみたそうですよ〜
私も玉子には良く顔を描いています。
ゆで玉子と分かるようにですが…
そしてぱんださんは開いたチューリップにも顔をつけたことがあるそうですが、私もサボテンに顔をつけたことがことがあります。
なぜか一気に親近感が湧くというか、
愛しくなっちゃうから不思議。

「パンダ便り」は不定期発行で、雑貨shop『coucou!』や、私が姉とやっている雑貨屋『SOMEDAY』の他、マッチばこcom参加店などにありますよ*

雑貨shop『coucou!(クークー)』
山梨県韮崎市穂坂町宮久保5190
TEL:0551-22-7166
http://www.much-baco.com/coucou/

パンダ展、今年もあるかなぁ〜