母子猫-2- 2008.03.3 mon
だいぶ時間が経ってしまいましたが、
ある日ベランダにやって来た、ミケ母さんとチビのその後です。
しばらく猫ネタが続きますので、猫好きさんはどうぞ(^^;)

チビは2〜3回触ることができました*
(去年の夏ごろのお話です)
一度目は、屋根からベランダに降りようとして降りられなかったらしく、窓枠に引っかかって鳴いていた。。。後首をつかんで意外とあっさり救出。そのまましばらく人に慣らそうかと思ったけれどあまりに親子で鳴くので、親元へ…

2度目は、開いてた窓から入って来て
廊下を逃げまくる。。。
まだ小さかったので、何とか捕獲*
また慣らそうと抱っこを試みたけれど、
やはり親子で鳴きまくるので、親元へ…
私、悪人みたいじゃん(泣)

ミケ母さんはとっても過保護なのです。
子供が1匹しかいないからかな〜もしかしたら兄弟達は育たなかったのかな…
チビが大分大きくなってもおっぱいをあげてるし、どんなにむちゃくちゃに体当たりしてきても怒らない。器が一つしか無いときはチビが食べるのを待ってるし…
すごいなぁミケ母さん☆

チビは日々成長中。忍耐強くヒモでじゃらした結果、大分近くまで来るように。
最初は足元で遊んでいたのに、だんだんと飛ぶように(汗)
そしてヒモよりもその先の手に興味を持つようになり、思い切り爪を伸ばした手で猫パンチ!血が滲む日々です。加減してください〜(TT)
ミケ母さんも、顔を合わせれば初めはシャーシャー言うものの、しばらくすると横になって私とチビが遊ぶのを容認している様子。顔つきもちょっぴりやわらかくなりました(^-^)

このまま平和にベランダ半飼い?生活が続くかと思っていたのに…
そして、もう少しすれば抱っこも夢じゃない?なんて期待してたのに…
ミケ&チビのエサを狙う影が。。。